Skip to content

あなたの将来に幸あれ

派遣で看護の仕事をしている方がおられるでしょう。今のご時世は不安定な雇用情勢を余儀なくされている中で、雇う側も派遣に依存することが往々にしてあるのです。病院側にしてみたら、「うちの病院に入職してくれても、入職した人が辞めずに居続けてくれるとは限らないからな。その点、派遣だったら人件費の節約になるし、経営悪化などで都合が悪くなったら首切れるから助かるよ」という思惑を働かせていることがうかがえてくるのです。

一方で、派遣で働く看護師は、「企業のみならず、多くの病院が派遣で間に合わせようとするから、派遣で働いている人が長続きせずに辞めていくのよ。派遣に頼ることで雇用情勢が余計悪くなることが分からないのかしら」と思っているのではないでしょうか。派遣で働くことが自分の将来に良い影響を与えないと思っているのならば、その不安定な雇用環境から抜け出すべく正看護師を目指すようになる方が出てくることでしょう。
 
派遣で働いていると時給制になるから、不安定な収入になると思っている方は少なくないでしょう。しかし、看護師で働く場合に関しては、何の技術無しで派遣として働くよりも高い時給を支給してくれるため、たとえ、派遣で病院勤めをすることになってもそれほど深刻に思いつめない方がいるのではないかと思うのです。人によっては、派遣で働いて得た収入で生活さえできれば文句はないという方がいても不思議ではないのであり、正看護師のように縛られることがない派遣を続けていくことが、ひとつの働き方なのだと受け止めていくのだろうと考えられるのです。

派遣会社がバックについているのだから、のびのびと仕事できるのが派遣です。職場の直接的な査定に参加しないので、スキルだけで勝負できます。また派遣であればオンとオフが常勤よりも区別を付けられると思います。派遣会社に交渉してもらい休みをとってリフレッシュすることも年に1度くらいできるのではないでしょうか。派遣とはいえ高給には違いないのだから、貯金も可能です。自分への投資もお忘れなく!